ひとり言

ひとり言

ドタバタを乗り越え再出発!北村菜々美選手も、町田瑠唯選手も、・・・も!?

9月中旬からのドタバタがやっと落ち着いて、これからこのブログが充実できるように再スタートを切った!野球のシーズンは終わって、残るはクライマックスシリーズと日本シリーズだけど、NFLと女子サッカーや女子バスケなどはシーズンが始まったばかり。さらに新たな注目選手も見つかってしまい書きたいことだらけ…。うまく整理しながらそれぞれの選手を追っていく。
ひとり言

最近のドタバタな生活でスポーツの情報もつかめず…、ブログも更新できず…。

自分の無知による予定の逼迫…。詳細は別の機会にこのブログ内で書くつもり。とりあえず、目の前のことを一つ一つ解決して、新しいスタート・新しい門出を迎える!そうポジティブに捉えて進んでいくしかない。
ひとり言

いつ終息するかわからないコロナ…。目に見えない敵と戦うには…。

わたしのところにも、新型コロナウィルスワクチン接種クーポン券が送付されてきた。つい、2〜3ヶ月前まではワクチン受けてもなぁ…と思っていたけど、6月24日を境に心境に変化が!?予約開始日に予約してワクチンを接種する。そして、少しでも長く元気に生きて孫と遊ぶ!
ひとり言

むかしの話③ 完結編 父親の夢・希望、叶えられる日はいつになるのか…

高校生の時に経験した「東京で迷子…」、「娘との待ち合わせ」、に続いての三部作の完結編。「父親の夢・希望」。84歳になっても仕事をしていて、休みの日には畑仕事までやってのけるパワフルなわたしの父親、その父親の夢が昔少し住んだことのある”浅草”に行くこと。
ひとり言

むかしの話② 東京で迷子にならなくなった話。

先日投稿した、むかしの話に至った娘とのやり取り。大元は暗い内容だったけど、そこから田舎者のわたしでも30年以上前のような”ひとりぼっち”にはならなかった。時代の変化とともに生き方も多様化してきたけど、東京で迷子になることはなくなった。しかし、人生の迷子になる可能性は増えてるような気がする…
ひとり言

むかしの話① 30年以上前の東京で友だち逸れたけど奇妙な偶然が…

スマホもSuicaもない30年以上前の高校生の時に、友だち二人で東京に遊びに行ったけど東京で逸れてしまった…。選択肢は、一人で遊び・楽しんで・帰る、これだけ。当然友だちのことは心配だけど、当時の友だちやまわりの人はみんな強かった!頼れるものが”自分”しかなかったから強くなれた!
ひとり言

おふくろの味…。どれだろう!?何だろう!?一番は…。

「おふくろの味」って最近は考えないのかなぁ…。肉じゃがなどの煮物は「おふくろの味」の定番!でも今は違うのかなぁ!?そもそも「おふくろの味」って意識するのかなぁ…。何れにしても、わたしは「おふくろの味」を再び味わうことができないから、思い出に浸るしかない…美味しい料理、気になる料理は早めの伝授を!
ひとり言

どんよりとした曇り空が一変、外に出たら清々しい空気感!

梅雨の鬱陶しさは、紫陽花で癒されましょう…、と先日の投稿で書きましたが、どんよりとした梅雨の曇り空の中にも清々しさが味わえる。家の中では味わうことができない空気感。ウイルスの蔓延で外出も慎重にしなければならないけど、朝の散歩や、川沿いや緑の多い場所なら問題なし。むしろ、そういった場所なら出かけたほうがいい。
ひとり言

心に余裕を持ってお買い物したい…。そして暮らしにも!

お買い物の仕草に心の余裕が現れる!?賞味期限を気にして、陳列棚と格闘している仕草には余裕が感じられない…。逆に、サラッと商品を手にする姿には感動すら覚える!わたしもそんな風に買い物がしたい。
ひとり言

孫との初対面は、神秘的で感動的!目には入れてないけど、おそらく痛くない。

孫が産まれて9日目。無事退院して家にいるので初対面に行ってきた。娘が産まれた時とは全く違う感動!神秘的だった。孫を見てるだけでも感動して・癒されて、時が立つのを忘れるくらいだったけど、その孫を見るわたしの父の姿にも感動した。父からしたら”ひ孫”。とても嬉しいようで、”ひ孫”が起きてる間はずっと話しかけていた。