サプリメント大国アメリカ!そのアメリカ国民が選ぶサプリメントとは?

暮らし

サプリメントは今や必需品!

国民の半数以上がサプリメントユーザーでもある、サプリメント大国アメリカ。

そのアメリカで信頼度ナンバー1のサプリメントが


慎重に選ばれた高品質の栄養補助食品を手頃な価格で提供することを企業理念として、 約40年前に清教徒プライドが設立されました。

ピューリタンズプライドの製品カタログでは、顧客が一度も見たことがないほど広く、 安価な製品が掲載されています。 今日でも、ピューリタンズプライドの誇りは、私たちが最初に示した約束に忠実であり続けます。

600万人以上のカスタマーからの信頼と長年の愛顧のおかげで、 ピューリタンズプライドは自宅でビタミンを購入するのに最適なショップと言えるでしょう。 ピューリタンズプライドは、Nature’s Bounty Inc.として知られている米国最大のビタミンメーカーグループになります。

 

40年前に設立され、現在でも君臨し続けているビタミンメーカー

 

アメリカといえば、ピザやハンバーガー・フライドポテトといったジャンクフードのイメージが強いですが、意外にも健康意識が高い。

日本ではまだ馴染みが薄い、「ビーガン」や「オーガニック」といった健康への取り組みも進んでいる。

 

ビーガンとは

動物性食品を食べることとあらゆる動物製品を避けること(革、ウール、毛皮等々)を含む。動物性食品を食べない、もしくは追加して動物製品を使わないということを実践される。食生活においてはほかの菜食主義(いわゆるベジタリアン)食生活とは異なり卵や乳製品も避ける。

日本人は、ビーガンとはからだに良いとされる野菜などを食べる事という認識があるかも知れないが元々は、可能な限り食べ物・衣服・その他の目的のために、あらゆる形態の動物への残虐行為、動物の搾取を取り入れないようにする生き方。

という発想から成り立っている。

卵や牛乳といった動物に通ずるものは全て避けている。

 

ビーガンを名乗ってても、動物性のものは食さないけど〇〇皮の財布を使ってるとか、〇〇皮の靴を履いてるとかこれではただのベジタリアン。(今はあまり言葉としては聞かないけど…)

 

少し古いデータではありますが、アメリカではビーガンの比率は2009年には1%であったが、2013年には2.5%、2017年には6%と10年弱で6倍になっている。

数字としてはまだまだ小さいですが、健康への関心が高まり徐々に実践されてきています。

 

オーガニックとは

通常は農薬や化学肥料を使わず有機肥料によって生産された農産物をいう。

アメリカでは1990年に〈有機食品生産法〉が制定され,農薬や化学肥料などの合成化学物質を使用せずに生産され取り扱われた農産物で、過去3年間に合成化学物質を含め禁止物質を使用した耕地で生産された農産物ではないこと、といった厳しい規定がなされている。

 

そんなアメリカの人たちに認められ、存続し続けているこのサプリメント、品質の良さはこれで証明されているようなものです。

 

更に、アメリカでは医療費がもの凄く高額で、救急車も有料で走行距離によって料金が発生するそうです。

富裕層ともなれば、どうってことのない金額かも知れませんがそんな人たちはごく一部です。大半の人がこの高額な医療費に頭を悩ませています。だからこそ自分のからだは自分で守り、からだに良いことを実践するようになっているのです。

 

体格の良い方に目が行きがちですが、多くの方は健康に敏感なようです。

何度も言いますが、そんな健康意識の高い方々が認めているものなのです。

自分の為、大切な人の為の健康管理【puritans pride】

始めてみませんか?

 

好きなものを食べて、好きなことをして、楽しく生きていくためには健康は欠かせません

人生は一度きりです

苦しい思いや辛い思いより、楽しく喜びに満ちた毎日を送りたいですよね!?

コメント

  1. […] […]