東京五輪。勝った笑顔・負けた涙、どちらもステキ、輝いてる!

スポーツ

「いやぁ〜、スポーツって本当に良いもんですね」

サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ…。

(古い。わかる人いるのかなぁ!?)

 

今日は、パートが休みで午前中に用事があって少し出掛けたけど、ほぼ一日五輪観戦!

 

女子の水球、中国VS日本

男子ゴルフ 第一ラウンド

男子バスケットボール

女子バドミントン 奥原希望選手・山口茜選手

女子BMX

男女の柔道

等々

 

手当たり次第に観ていた。

 

今これを書いてるのは17時なので、まだまだこれからも五輪観戦!

 

色々な種目で応援している選手が出ていなかったり、そもそも応援してる選手がいない競技でも、アスリートの一生懸命な姿や勝利の笑顔はいつ観ても気持ち良い。

でも、悔し涙を流すのを観ても感動して目頭が熱くなる…

 

要するに、スポーツを観てるだけで感動する!

 

今日観た競技で印象的だったのは、女子バドミントンの奥原希望選手!

試合内容はもちろん良かった。

体の動きや気持ちのこもったガッツポーズもさることながら、勝った時の笑顔がたまらなくステキだった。

世界ランキングで1位になったこともあり、日本では山口茜選手と二分する実力者。

 

間違いなく、”天は二物を与えてる”アスリートの一人。

 

バトミントンのプロとして活動しているので多くの方が存在や実力はご存知だと思いますが、この東京五輪で金メダルを取ることで、さらに地名度が上がっていく。

実業団での活動とは違いプロのアスリートだから、金銭面などに安定感はなく自分の体で稼ぐしかない。

実力を遺憾なく発揮し、プロのアスリートとして成功してほしい!

そして、決勝での日本人対決が楽しみでならない。

 

それと、今日だけではなく女子柔道を観て感じたのですが、ドイツの選手は非常に礼儀正しい。

負けて悔しいはずなのに、判定にも勝敗にもふてくされることなく、終わりの挨拶と握手をしっかりしていた。

観ていてすごく気持ちいいし、好感が持てる。

 

どんな競技でも、微妙な判定や負けた悔しさを顔や体に出す選手をよく見かけるが、女子柔道のドイツの選手は全く逆で、人間として素晴らしいのだろうなぁと思わせてくれた。

たまたま観たドイツ選手の何人かが良かったのか、色々な競技で態度の悪い人をたまたま観てるだけかもしれないけど、そういった選手がいることは事実。

 

この日のために頑張ってきた気持ちはわかるけど、五輪に出場したという名誉を手にしてるわけだから、人間としての価値を下げる行為は避けてもらいたい。

人並み外れた努力をしていることはみんな知ってるし、負けたから弱いなんて誰も思わないのだから、競技が終わるまでは”一流のアスリート”を保ってもらいたい。

 

最後に、私のブログを読んでいる方はうすうす気づいてるかもしれませんが、基本的には女性アスリートが好きです。

 

走って・跳んで・投げて…。美しい姿をありがとう!日本陸上 五輪代表選考会。
6/26・27日と、ただ何となく観ていた陸上の五輪代表選考会。でも、感動でウルウルし、ビビビっときた選手も存在した…。喜びの笑顔も、悔しい表情もすべてが美しい。本当にスポーツっていいもんだなぁと改めて感じた2日間だった。五輪の出場権に関係なく、観てるわたしたちには選手の日々の努力は伝わっています。感動をありがとう。

 

(変な意味の好きではありませんよ…)

好きというか応援しています。

 

いや、変な意味かどうかは関係なく女性は好き。

変な目で見てないだけ。

 

そんなことはどうでもいい…

 

女性は男性と違い、体つきや成長の仕方に違いがある。

ふくらみをもたらす部分もあるし、生理がある。

 

わたしは男なので生理の大変さはわからないけど、大変な思いをしているのはそばで見てきているので、練習や競技会や調整が大変だろうなぁと思っている。

その競技で生きているとはいえ、競技会などのために生理まで調整する必要があると、競技を終えた後の生活は大丈夫なのだろうか!?

 

とか、

 

急に生理になっちゃったらどうするのだろうと心配になってしまう。

 

何年か前の、何かの大会のマラソン競技で、女性選手(アンデルセン選手?)が意識を朦朧とさせながら短パンを真っ赤に染めながらゴールしたのをテレビで観た記憶がある。

どう表現したらいいのかわからないけど、女性アスリートの過酷さを目の当たりにした。

 

なので、必然的に女性アスリートを応援している。

 

わたしらでは想像もできないほどの努力をしていることはわかっているけど、”男”なら頑張れるだろうと思っている。

大変さを知らない素人が言えることではないですけど、どうしてもそういった目で見て女性アスリートを応援してしまう。

 

なでしこジャパンも決勝ラウンドに進んだし、バドミントンもまだ試合が残ってるし、これからの競技で輝かしい笑顔・輝かしい活躍を見せてくれる選手が出てくることを期待して五輪を楽しみたいと思います。

 

なでしこジャパン 第三戦チリ戦。スタメン復帰!北村菜々美選手。
7/27東京五輪なでしこジャパン第三戦 チリ戦。前の試合のイギリス戦はサブメンバーからも外れてしまったけど、スタメンに戻ってきた。やっぱり良い!出来る選手、やれる選手。前半は少し物足りなさを感じたけど、後半少しづつ持ち味を発揮しシュートを打つ場面もあった。次戦は最初から積極的にプレーしてもらいたい。

 

 

チャーリー
チャーリー

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] 東京五輪。勝った笑顔・負けた涙、どちらもステキ、輝いてる!アスリートの頑張る姿、勝った時の笑顔、負けた時の悔し涙、どれもステキ、輝かしい!そして、美しい!!さらに、女 […]

  2. […] 東京五輪。勝った笑顔・負けた涙、どちらもステキ、輝いてる!アスリートの頑張る姿、勝った時の笑顔、負けた時の悔し涙、どれもステキ、輝かしい!そして、美しい!!さらに、女 […]

  3. […] 東京五輪。勝った笑顔・負けた涙、どちらもステキ、輝いてる!アスリートの頑張る姿、勝った時の笑顔、負けた時の悔し涙、どれもステキ、輝かしい!そして、美しい!!さらに、女 […]