韓国作品は良作だらけ。さらに日韓女優対決(わたしの独断と偏見で…)

ひとり言

以前の投稿で韓国の映画やドラマが好きと書いたのでそのキッカケなどを書いていきます。

映画とドラマと小説…「みをつくし料理帖」に思うこと。
「みをつくし料理帖」の小説を読んだとき、感動で涙と鼻水の量がハンパなかった!黒木華さん主演のドラマも観てそこでも感動し、その勢いを保ちつつ今回映画を観たが、少し物足りなさを感じた…。多分わたしの小説に対する想いとドラマのキャスティングがわたしのイメージとピッタリあっていたための弊害かなぁ!?イメージって本当にジャマ!

 

完全にミーハーな内容になると思いますが、ひとり暮らしのおじさんのささやかな楽しみです。

 

チャーリー
チャーリー

ご了承ください。

 

途中、ドラマや映画のことを書きますが、内容などを書くととんでもなく長くなってしまいますので、タイトルだけにしておきます。

 

韓国作品を見るきっかけは、「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」という映画をたまたま観て、女優のチョン・ウヒさん かわいいと思ったことです。

 

あれっ!?以前も書いたかな!?

Instagramだったかなぁ…

 

まぁブログを読み返せばわかるのですが、面倒だからしません。どっちかで書いてるかもしれませんが内容は違うはず!?ですのでこのまま続けます。

 

韓国の作品、映画もドラマも含めて初めて観た作品です。

DVDのパッケージに惹かれて観た、ただそれだけでした。

でも内容も良く、女優さんもキレイとなればまた観ます。そして次に観るのは当然のようにチョン・ウヒさんの作品になりますよね。

それで観たのが、「ビューティー・インサイド」です。

ハン・ヒョジュ

ここで運命的な出会いをしてしまったのです!

 

女優のハン・ヒョジュさんです。

あっという間に、チョン・ウヒさんの出番は終わってしまいました…

 

運命的な出会いって、

ただの浮気だろ!

乗り換えただけでしょ!

って言葉が聞こえてきそうですけど、無視します。

仰る通りだからです。

 

でも仕方ないですよね、ハン・ヒョジュさんと出会ってしまったし、初めての恋(韓国初)は中々身を結ばないものです…

 

そこから観ましたねぇ〜、ハン・ヒョジュさんの作品。

映画

  • ただ君だけ
  • 天国への郵便配達人
  • MIRACLEデビクロくんの恋と魔法
  • ファイヤーブラスト 恋に落ちた消防士
  • 監視者たち
  • 愛を歌う花
  • 王になった男

(公開年はバラバラで、観た順番です)

ドラマ

  • トンイ
  • W 〜二つの世界〜
  • トレッドストーン

 

いやぁキレイ、なのにアクションもできる、のにキレイ!

さらに韓国のバラエティ番組では面白い、のにキレイ!

ほんと、ステキな人!!

 

ってこのままでは、ハン・ヒョジュさんの魅力だけになりそうなので、断腸の思いで終わりにします。

韓国作品

韓国作品にハマったことに戻ります。

韓流観るなら<U-NEXT>

 

先ほど出てきた「トンイ」が韓国作品と韓国時代物を観るのに拍車をかけた作品です。

言い換えれば、ハン・ヒョジュさんに出会っていなければ韓国の時代物は観なかったのではないかと思います。

(出会ったと言ってもわたしからの一方通行ですけど…)

 

トンイ」は本当に面白い。

陰謀に次ぐ陰謀、さらに陰謀に次ぐ陰謀、そして陰謀に次ぐ陰謀で途中で心が折れそうになるけど最後に全部吹き飛ばしてくれる!

全60話、観て良かったと心からそう思わせてくれる作品。

 

簡単なあらすじを書こうか迷ったのですが、さすがに60話ともなると簡単には書けないので、

 

チャーリー
チャーリー

とても良いのでオススメです。

とだけお伝えしておきます。

 

ぜひ興味のある方は配信サービスやDVDレンタルなどで観られますので観てください。

韓国時代物ドラマ

ここから、時代物のドラマの紹介です。

  • 奇皇后
  • オクニョ 運命の女
  • 宮廷女官チャングムの誓い
  • イ・サン
  • 花郎(ファラン)
  • 馬医
  • チュノ〜推奴〜
  • 太陽を抱く月
  • ファン・ジニ
  • 仮面の王 イ・ソン

韓国時代物映画

そして、時代物の映画も

  • 王になった男
  • 朝鮮美女 三銃士
  • 尚衣院 サンイウォン
  • 朝鮮探偵
  • 王の運命 歴史を変えた8日間
  • 王の涙 イ・サンの決断
  • 代立軍
  • 古山子
  • 世宗大王
  • 王の預言書

などなど

 

韓国時代物の沼にハマってしまったのです!

誰が創って、誰が出演して、どんな内容なのかは各自で検索するか、作品を観てください。

若い世代が、K-POPアイドルにハマるように、ベテランの女性の方々が韓流スターにハマるように、わたしも韓国時代物にハマってしまいました。

 

今回は書きませんでしたが、韓国の時代物以外でもたくさんの作品を観ていて、良かったと思う作品は多いです。

特に好きなのが、「七番房の奇跡」「アジョシ」「猟奇的な彼女」などです。

機会があったらまた書いていきます。

日本

映画やドラマを観る際に”人”で選ぶことはしませんが、韓国ではハン・ヒョジュさんの作品は必ず観ますし、日本では有村架純さんの作品は”人”で選んで観ています。

いつ、どこで、どんな時に観てもかわいいと思ってるのが有村架純さんなんです。

 

顔や雰囲気がかわいいだけではなく所作もすごく魅力的で、特に舞台挨拶やトーク番組で頭を下げる場面で、胸元を手で抑えながらお辞儀をしていて、そこがすごく好感が持てます!

また、からだに優しい食べ物が好きともテレビで言っていて、知れば知るほど好きになっていきます。

有村架純沼にもハマってしまっています。

 

チャーリー
チャーリー

完全にミーハーですね…

ちょっと余談にはなりましたが、何となく書きたくなったので書いてしまいました…

まとめ

今回は完全にミーハーな内容になりましたが、少し前の内容が暗い内容だったので気分転換です!

そうはいっても、ずいぶん前に気持ちは切り替わり前を向けているので、ただハン・ヒョジュさんと有村架純さんのことを書きたかっただけだと思います。

 

ある超人気女優さんの結婚報道で”ロス”が多発しているとネットニュースなどで見ても、わたしがロスらなかったのはこの二人のおかげです。

そのこともブログに書こうと思った要因のひとつかもしれません。

 

ただ、この二人の結婚報道が流れたら、私がロスることになるのでしょう…

 

何を想ってロスになるのかは分かりませんが、何を期待しているのでしょう!?何を望んでいるのでしょう!?

 

何を夢見ているのだろう!?

 

まぁ、おじさんのささやかな楽しみのひとつとして温かい目で見ていただきたい。

 

チャーリー
チャーリー

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

コメント