松山英樹選手 マスターズ制覇。日本人・アジア圏初の快挙!

スポーツ

10回目の出場で初の栄冠!

素晴らしい!!

ゴルフ界は、渋野日向子選手や畑岡奈紗選手を筆頭に黄金世代と呼ばれ女子の方が人気だが、この松山選手の快挙を機に男子も盛り上がってほしい。

 

解説者の中嶋常幸さんの興奮も快挙を物語っていた。サッカー解説者の松木安太郎さんほどではないが、熱い解説だった!

優勝決定後の実況アナウンサーの涙声にも感動した。

素晴らしいトーナメント、素晴らしい解説陣だった。

 

それにしても、マスターズ・トーナメントというゴルフ選手の憧れであるトーナメントで日本人が優勝できる日・グリーンジャケットを着る日がくるなんて、本当に素晴らしい!

 

松山選手 おめでとうございます!!

 

松山英樹

プロフィール

松山 英樹(まつやま ひでき1992年2月25日 – )は、日本のプロゴルファー。愛媛県松山市出身。明徳義塾中学校・高等学校・東北福祉大学卒業。レクサス(トヨタ自動車)所属。

日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズの出場権を獲得した。

日本ツアーで史上初ルーキーイヤー賞金王。ルーキー最多タイの年間4勝。史上最速(16試合)での年間獲得賞金2億円突破。

※ウィキペディアより引用

 

4歳のときに、日本アマ出場経験もある父親の影響でゴルフを始める。中学2年のときに「ゴルフをやる環境を整える」目的で、ゴルフ部のある明徳義塾に転校した。

2008年には全国高等学校ゴルフ選手権大会で優勝し、日本ゴルフ協会(JGA)のナショナルチームにも選ばれるなど頭角を現す。

2010年に東北福祉大学に進学。同年のアジアアマチュア選手権で日本人として初の優勝を遂げ、翌年のマスターズ出場権を獲得。翌週の日本オープンでも並み居るプロゴルファーを従え3位に入りローアマチュアを獲得した。

2011年にはマスターズに出場。予選も通過し、日本人としては初めてローアマチュアを獲得した。同年11月には、三井住友VISA太平洋マスターズで倉本昌弘、石川遼に次ぐ3人目のアマチュアでの日本ツアー優勝を果たした。

2012年には、R&Aによって創設された世界アマチュアゴルフランキングで日本人初の1位を獲得する。

2013年4月2日にプロ転向を表明。ただし大学のゴルフ部の主将は引き続き務め、プロとしても当面「東北福祉大学所属」としてプレーするとした。協会との事務手続きやホテルの手配などは東北福祉大学側が全面的にサポート。キャディは同大学OBでプロキャディ経験も豊富な進藤大典、トレーナーも同大学OBの金田相範で、基本的に3人チームでルーキーイヤーを戦う。

※ウィぺディアより引用

プロ入り後年譜

2014年

5月29日-6月1日に行われたメモリアル・トーナメントにて、ケビン・ナ(英語版)とのプレーオフを制してPGAツアー初優勝を果たした。 日本人選手の米ツアー制覇は、青木功、丸山茂樹、今田竜二に次いで6年ぶり4人目で、22歳の松山は最年少優勝。

2015年

4月9日-12日に行われた米マスターズ・トーナメントでは、11アンダーで単独5位に入った。

2014-2015シーズンは、PGAツアー賞金ランキング15位(3,758,619ドル)、FedExCupポイントランキング16位(558ポイント)で終えた。

2016年

2月4日-7日に行われたフェニックス・オープンでリッキー・ファウラーとのプレーオフを制し2シーズンぶりPGAツアー2勝目を挙げた。

10月13日-16日に行われた日本オープンゴルフ選手権競技で国内メジャー初優勝を果たした。

10月27日-30日に行われたHSBCチャンピオンズ世界ゴルフ選手権初優勝を果たした。

2017年

2月2日-5日に行われたフェニックス・オープンウェブ・シンプソン(英語版)とのプレーオフを制し2連覇、PGAツアー4勝目を挙げた。

6月15日-18日に行われた全米オープンで2位タイに入った。

8月3日-6日に行われたブリヂストン招待選手権世界ゴルフ選手権2勝目、PGAツアー5勝目を挙げた。

※ウィキペディアより引用

過去の出来事なので、ほとんどの内容がウィキペディアから引用しています。

 

通算で、日本ツアー8勝、PGAツアーが今回のマスターズ制覇で6勝目、これからもどんどん勝利数を増やして、男子ゴルフ界の発展に貢献してほしい!

 

ちなみに、マスターズ・トーナメントとは?

マスターズ・トーナメント

マスターズ・トーナメント(英語: Masters Tournament)は、アメリカ合衆国ジョージア州のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブを会場に開かれている、ゴルフのメジャー選手権のひとつ。

毎年4月2週目の日曜日に最終日を基準に開催される。出場選手は前年度の世界各地のツアーでの賞金ランキング上位者、メジャー優勝者など。招待資格を満たす名手(マスター)たちしか出場できないことから「ゴルフの祭典として敬愛されている。

 

優勝賞金は開幕当初は特に定めないで、3日間の入場収入などを基に決定する優勝者には優勝賞金に加えてグリーン・ジャケットが贈られ、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの名誉会員となり、当大会への生涯出場権が与えられる。「ゴルフの祭典」という大会の性格上、この生涯出場権により、2000年代までは年齢が70代や80代に達した往年の名プレーヤーが出場を続けていた。しかし、2002年に大会を主催するマスターズ委員会が、一定水準のスコアでラウンドできなくなった選手に対して出場辞退を要請する手紙を送るようになったことや、コース改造(全長を約300ヤード延長)を契機として、ダグ・フォード(英語版)やビリー・キャスパー、ゲイ・ブリュワー(英語版)などが出場を取りやめるようになった。その後、BIG3と呼ばれたアーノルド・パーマーは2004年(当時74歳)、ジャック・ニクラスは2005年(当時65歳)、ゲーリー・プレーヤーは2009年(当時73歳)に引退を表明し、競技者としての出場を終えている(この3人は2012年から名誉スターターとして大会初日に始球式を行っているが、2016年はパーマーが辞退を表明した)。

他のメジャーは毎回開催コースが異なるが、マスターズは毎年同じオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで開催される。このコースはとりわけグリーンの難度が高く、「オーガスタのグリーンには“魔女”が棲(す)む」とよく言われる。更にINの11番・12番・13番の3つのホールに至っては「神に祈る」と言う意味も込められたのかは分からないが別名・《アーメンコーナー》と言われて恐れられている。フェアウェイもアンジュレーションが大きく、バーディを狙うにはティショットを正確に理想的なセカンドショットのポジションに運ぶ必要がある。また、谷と森が作り出す気まぐれな風も起こる。こうした環境が、トーナメント名の通り、名手に相応しい技術の持ち手を選ぶことになる。一方、ラフはセカンドカットまでとなっており、長いラフのセットとなる全米オープンとの違いが顕著に表れる部分である。

※ウィキペディアより引用

まとめ

とにかく凄い!

本当に快挙!!

とここまでは一日本人として書いてきましたが、実は好きなプロゴルファーは、アメリカのジョーダン・スピース選手です…

 

今回は、松山選手についての内容ですのでジョーダン・スピース選手については詳しく書きませんが、簡単に言いますと、2014年のマスターズ・トーナメントで初めて観て「この選手凄い」と思いました。当時は名前も、実績も知らなかったのですが、なぜか虜になりました。

そして2015年に、マスターズ・トーナメントや全米オープンなどで優勝し大活躍。世界ランク1位も獲得した。

2017年までは毎年トーナメントで優勝し、PGAツアーなどで通算14勝挙げているが、その後低迷…。

今年(2021年)4年ぶりにトーナメントで優勝を飾り、復活が期待される。されるというか、復活してほしい!

ちなみに、今回のマスターズ・トーナメントは3位タイ。強いスピースが帰ってくるか!?

 

コメント