わたし流MLBの楽しみ方。ロサンゼルス・ドジャース ムーキー・ベッツ選手。

スポーツ

メジャーリーグが開幕した時に、今シーズンは新たな選手の発掘と書いたのですが、決まりました!

MLB開幕!日本人投手2選手同時開幕投手。結果は!?
メジャーリーグ2021年シーズン開幕!昨年(2020年)は選手もファンも満足のいくシーズンではなかったから、今シーズンは無事にシーズン終了まで突き進んでほしい。とはいえ、コロナの影響を受けている球団もあるし、アメリカのみならず日本でも影響は出ているので、まん延防止策をしっかり整え体を守っていただきたい。

ロサンゼルス・ドジャースムーキー・ベッツ選手です。

 

MLB好きの方ならご存知の方も多いし、何をいまさら!?って思うかも知れませんが、わたしは昨年まではサンフランシスコ・ジャイアンツのハンター・ペンス選手が好きだったので、レッドソックスのベッツ選手って守備が上手いなぁくらいにしか思ってなくて、2018年の活躍も頭の片隅にある程度でした。

でも、ペンス選手が引退して色んな選手を真剣に見るようになって目についたのがベッツ選手でした!

 

身長が175cmと小柄な部類に入るのに、”プロの体”って感じがするし、打つのも守るのも走るのも一生懸命な姿が良い!

 

ペンス選手も言い方は悪いけど、野球バカって感じがして、やっぱり一生懸命プレーする姿に惹かれた!

 

ベッツ選手はまだ28歳。2018年がピークではなくこれからもスタジアムを縦横無尽に走り回って欲しい。

 

今はドジャースに所属していますが、2020年にそれまで所属していたボストン・レッドソックスから移籍。

MLB入りは2011年。この年はルーキー級でプレー

2012年から2013年まで、A級とA+級でプレー

2014年にAA級からAAA級に昇格、その後メジャー契約

着実にキャリアを積んで、迎えた2018年

前半戦から打率.359を記録するなど非常に好調で、オールスターゲームのファン投票ではマイク・トラウトやアーロン・ジャッジらを抑えて外野手部門1位となり、3年連続3度目の出場を果たした。後半戦の故障もあってか出場試合数は前年より減少したが、136試合に出場し、打率.346、32本塁打、80打点、30盗塁、リーグ2位となる出塁率.438を記録し、自身初となる首位打者のタイトルを獲得した。その他にも30本塁打、30盗塁、トリプルスリーを達成し、129得点と長打率.640は共にリーグトップを記録した。地区3連覇及び5年ぶり9度目となるワールドシリーズ制覇に貢献し、MVPでは投票資格を持つ30人中28人から1位票を獲得し、自身初となるMVPを獲得した。守備面でも共に3年連続となるリーグトップのUZR+15.3、DRS+17を記録した。オフには自身2度目となるシルバースラッガー賞、3年連続となるゴールドグラブ賞をはじめ、数多くの表彰を獲得した。

※ウィキペディアより引用

大活躍の1年となった!

 

昨年のワールドチャンピオンのドジャースのリードオフマンだから、プレッシャーもかかると思うけど、2018年のような活躍をまた見せて欲しい!

 

そう言えば、大好きなNFLの選手が、ジャスティン・ハーバート選手で所属がロサンゼルス・チャージャース

チャージャーズにロンバルディ・トロフィーを!ジャスティン・ハーバート
NFLはオフシーズンに入ってしまい時期は逃してしまいましたが、ロサンゼルス・チャージャーズQBジャスティン・ハーバート選手は今後追いかけていく選手なので、記録としてこのブログに残していこうと思い書き始めた。YouTubeやSNSにより情報をたくさん入手できるので、何か動きやネタがあればこの場に書いていくことにする。

 

MLBの好きな選手が、今回紹介したムーキー・ベッツ選手。所属がロサンゼルス・ドジャース

 

どちらもロサンゼルスのチーム。

 

これも何かの縁!?

 

ロサンゼルス行かなきゃ!!

 

コメント