散歩中ふと「空」を見上げて感じたこと。なんで「空」って言うんだろう!?

ひとり言

散歩中空を見上げてふと、

何で「空」って言うんだろう?

何で「雲」って言うんだろう?

と子供の頃のような疑問が頭に浮かんできた。

「空」で検索すれば意味や成り立ちは出てくるのだろうけど、あくまでも仮説ですとか、諸説ありますが…、等々正解は出てこないんじゃないかと思います。

なので、調べません。「空」は「空」でいいし「雲」は「雲」でいい

「今までの生き方を変えたいと思い、TwitterやInstagram、ブログ等を始めようと思って本や動画を見て始め方やコツ、稼ぎ方などを学んだ。」

と以前にも書きましたが、情報量が多いのはありがたいけど多すぎると困ってしまう!?

人によって稼ぎ方も違えば考え方も違う、ど素人のわたしみたいな人間にどれが合うのかも分からない。

ブログに限って言えば、ブログである程度成功しその経緯を動画で配信してくれているのでその通り進めればできるのかも知れない…

しかし、その始めた頃のブログがそのまま残っているケースは少なくてほとんどが更新されている。

過去を振り返って話されるより、こんな感じからここまできました!みたいなリアルな感じが知りたいのに、手を加えられていたらその当時が分からない。

だからわたしは、季節的なことを除いては内容を更新しないように残していこうと思っている。

ただ、色々見ているうちに気づいたのが成功の仕方がいくつもあると言うこと。

成功の鍵は自分自身が握っているということ。

あくまでも、その人の成功例であってそれが全てではないと言うこと。

 

こうすれば成功しますよ!ではなくてこうして成功しました!なんだなぁと。

自分にも自分の稼ぎ方幸せになる方法はあるはずだからそれを目指せばいい。

みんなとは違うことをやっていたとしても、それが自分の好きな道なら胸を張って進もうと。自分らしく進むとはそういうことなんだろうと思えるようになってきた。

前々から、わたし自身「他人と考え方が違うな」とか、「わたしってずれてるのかなぁ…」とか思うことがあったけど、会社員時代は違うのは”悪”で受け入れてもらえないような環境にいたので、いつしか周りと合わせるように、周りの顔色を伺いながら過ごしていた。

これが当たり前なんだと。

 

でも、それを当たり前ではないと気づかせてくれたのは、稼いでる人たちの情報。

稼いでる人っていうと言い方は悪いから、好きなことをやっている人とでも言った方がいいのかな!?

50歳を過ぎて気づいたことではあるけど、気づけて良かったと思えてる。

パソコンやスマホは必要最低限でしか使ってこなかったから使い方を覚えるのも大変、さらにSNSを発信しようとしているのだから頭がパンクしそう!

でも楽しいし面白い。

初めてInstagramでいいね!をつけてもらった時はすごく嬉しくて、ハートマークをずっとニヤニヤしながら見ていた。

長いこと会社以外の人と接することも、同じ会社の人でさえも社外では交流してこなかった(できなかった)自分が居場所を見つけた感じがした。

引きこもりではなかったけど、心は引きこもっていた。その心を開いてくれたのはネットの世界かも知れない。

古い人間なので、ネット上では心からの触れ合いはないんじゃないかと、顔が見えないから危険だと思い込んでいたけど、逆に好きな事や好きな物を共有できる空間だからこっちの方が心を許せる人ができるんじゃないかと思うようになってきた。

それを見極めるために、色んな本を読んだり動画を見たりして目と頭を養っていけばいいんだと。

人生という意味では50年の経験はあるが、ルーキーのようなフレッシュさを忘れず楽しく生きていきたい。

「空」は「空」でいい、事実を知ったところで何も変わらない、「わたし」も「わたし」でいい、わたしを知ってるのはわたしだけ。

 

コメント